ナイトワークで稼いだお金の使い道を前もって決める

ナイトワークを始めたら昼夜間逆の生活

自分がしっかりしていればナイトワークで稼げる

あなたは人生をどう過ごしますか?「人生っていきなり言われても...」そんな声が聞こえてきそうですね。その気持ちはわかるのですが、これは生きていく中で永遠のテーマだと思います。

そのテーマは仕事。趣味。恋愛。と色々な形があるでしょう。実際に今は具体的にわからないとしても、憧れの方や、憧れの生き方は少なからず絶対にあるはずです。それに付随して、仕事の場合で面白いアンケート結果を見つけたので紹介していきます。

15~22歳までの女性になりたい職業のアンケートをとった所、公務員や看護師を抜いて9位にキャバクラ嬢やホステスだそうです。ナイトワークに憧れている女性が増えてるという事でしょう。ただその理由が少し不安になる答えでした。

「楽して稼げるから」「テレビや雑誌でちやほやされてたから」など、昔に比べて特に不自由しているわけでもないのに、気軽に水商売の世界に手を染める方が多いのです。更に実際に働いてみて、水商売は、自分の努力が具体的に数字となってわかりやすいという特徴があります。

だから自分の頑張りが毎日結果になる喜びを感じられるので、結果的に夢中になりやすい職業と言えるでしょう。ただ水商売の特徴としては、水商売の世界に入った事でどんどん生活がハデになっていく人も多く、楽しい方に流されやすい世界といえるでしょう。

お店を持たせてあげるとか、月いくらの手当をあげるとか甘い言葉に乗った揚げ句、相手の会社の倒産で生活できなくなって水商売に逆戻りしたり、客の支払いを肩代わりして借金を背負ったり、悲惨な例もたくさんあります。また夜型の生活が中心になるので、周りの友人と時間が合わなくなったり、毎日お酒を飲んだりしますし、寝る時間も朝で、外食が多くなったりで肌が荒れたりと色々と悩みも出てくるはずです。

それでも働くのなら「何のためにここにいるのか」といつも自分に問いかけることが必要です。金銭感覚や価値観を保ちつつ、「将来自分の店を持ちたい。独立資金が欲しい」など、明確な目標と貯めたい貯金の金額を決めて、目標に向かって頑張って欲しい。

実際に誘惑してくる人も多いので、それに流されない強い心が必須条件になります。だから深く考えないで「何となくいいな。」と思って働きはじめる女性が増えてる現状は非常に恐ろしい状況だと思います。

確かに人生に楽しみを求めるのは人間の本能ですが、今が全てじゃなく、人生という長いスパンで考えて働いてみてはいかがですか?長いスパンで考えた時に、今後お金が必要である、そしてそのお金を今貯めておきたいというのであれば、一回キャバクラ派遣の媒体でナイトワークを探して、実際に体験してみてはいかがでしょうか。あなたにお金を稼ぎたいという信念があれば、必ずお金も貯まります。